デブ菌とはサヨナラ!腸内フローラを良くするダイエットがオススメです

ダイエットの失敗は身体に害を及ぼしたり、ダイエットの失敗を繰り返すとますます痩せにくい体質になってしまいます。
とかく自己流で行うダイエットは失敗しやすいのですが、失敗が少ないのが酵素ダイエットの大きなメリットです。
酵素ダイエットが失敗しにくい理由は、酵素ドリンクを食事に置き換えて飲むので、空腹の辛さを感じることなくダイエットができ、つい、空腹に負けて食べてしまうことが避けられます。

酵素ダイエットは健康的にダイエットできるというのもメリットです。
酵素ダイエットの方法には、一日3回の食事のうちの一食を酵素ドリンクに置き換える」という方法と「ファスティングダイエット(プチ断食)」という2つのダイエット法があります。

一日3回の食事のうちの一食を酵素ドリンクに置き換える方法は、一番体に負担が少ない理想的なダイエットですが、ただ、最低でも2~3か月続けなければ結果が出ません。
置き換える食事は夕食が一番おススメです。多くの人が朝食はパンなどで軽く取り、夕食をメインにして夕食の方がカロリーをたくさん摂っています。

そのため夕食に置き換えた方が、よりカロリー制限がしやすいことや、朝食抜きは体に負担がかかりますから、それも避けられるメリットがあります。
朝食抜きは背中に重荷を背負って動くのと同じで、朝食抜きの生活を続けると脳出血の発症リスクが上がるとも言われています。
そのため、朝食に置き換えるのは避けた方が良いようです。

酵素ダイエットにファスティング(断食)がありますが、ファスティングとは決められた数日間食事を抜きますが、ファスティングを行うことで体内に蓄積されている有害物質を排出させるデトックス効果が期待できます。
デトックス効果で体の内側からキレイになり、代謝も良くなるなどの健康効果も期待できます。
ファスティングのような完全な断食でなくても、通常の酵素ダイエットもプチ断食ですからそれなりのデットクス効果が期待できます。

ちなみにダイエットに利用する酵素は、サプリメントの錠剤でなく酵素ドリンクがおススメです。
ドロドロした状態の酵素ドリンクはお腹に溜まりやすく、空腹をあまり感じないのでダイエットを成功させやすいです。

また、同時に腸内フローラを良くして、体の中から健康にすることもとても大事です。
⇒⇒⇒NHK放送の衝撃!腸内フローラ※短鎖脂肪酸を出す痩せ菌サプリ
痩せ菌を摂取して、デブ菌とはオサラバしましょう!

妊娠三か月の時に、バイクツーリング

彼氏のバイクに相乗りしたことがきっかけで、いつかバイクの免許を取りたいと思う気持ちが強くなりました。

当時私は20歳。バイクの免許をとりたいと父に言ったら、絶対反対されると思い、ひっそりと内緒で自動車学校へ通いました。
そしてついに免許をとり、それから父に報告をしたのです。父は意外とあっさり受け入れてくれ、特に怒ることも無かったです。

免許をとって、すぐにバイクを欲しくなり、近所に住む子が自分のバイクを売りたいという話を聞いたので、お安くそのバイクを譲ってもらうことに
しました。当時スポーツバイクが流行っていて、その子が乗っていたバイクがCBR250でしたので、すぐに私は売りたい話に飛びつき、さっそく
そのバイクを譲り受けました。ですが、前傾姿勢が結構疲れることに気づき、一年乗った後、そのバイクを手放すことにしました。

次に買ったのが、GSX250RRでした。こちらのバイクは当時本屋さんで売っていたレディスバイクという雑誌の「売ります」コーナーから見つけ
買ったものです。当時、バイク乗りの彼氏と付き合っていた私は、その彼氏とツーリングに行く計画を立てました。

行先は軽井沢。途中海も見たいという話で盛り上がり、福島から出発し、新潟経由で軽井沢へツーリングに行ったのです。
朝の8時に出発し、峠を走り、そして新潟に入り、海沿いの道を抜け、軽井沢に到着したのは、なんと夜の7時です。
結構疲労度もマックス状態でしたが、大好きなバイクに一日中乗れて、楽しかった思い出です。

その日は軽井沢に一泊し、次の日は軽井沢の街並みをレンタサイクルでゆったり楽しみ、とても楽しい思い出です。
帰宅し、またもや疲労度はマックス状態です。確かに長い間バイクに乗っていたので、疲れるのは当然だろうと思っていたら
何とその後1週間後妊娠が発覚。自分が妊娠していることも知らずにツーリングに出掛けて、なんと無防備だったと反省。

振り返ってみると、そのツーリングで転倒等せず、無事に帰宅できたことに、後になって幸運だったと思いました。
その当時お腹にいた娘も今では27歳。その子を見るたび、当時の思い出も蘇ります。
あ、その時のバイクは永らく車庫に放置していたのですが、先日バイク買取に出しました。
すでにバッテリーが切れていたのですが、自宅まで無料出張に来てくれました。
こちらのサイトを参考に:http://xn--pbk4b7a6ep0dc4s1fp794amfely1s.com

突然介護が必要に!そんな時まずは何を?

家族が突然脳卒中で倒れて豊中市にある関西メディカル病院に入院しました。
一命をとりとめ、幸いにも小康状態。だけどマヒが残ったり、今までのような生活ができない。なのに病院はもう退院の話?
え-、どうしよう、私だって家庭もあるし介護なんかできないし!どうしたらいいの!?

これから寒くなると増える脳卒中。ほとんどが突然です。
そして今は、病院に長くは入院できません。何の後遺症もなければいいのですがそうでなければ、大なり小なり介護の問題が降りかかります。そんな時には、まずは病院のソーシャルワーカーに相談しましょう。とにかく今後が心配だと、切々と訴えましょう。

ソーシャルワーカーも忙しいので、こちらからアプローチしないと動いてくれません。もしかしたら、リハビリ病院を紹介してくれるかもしれない。
そうでない場合、まずするべきは「介護保険認定調査の申請」です。65歳以上もしくは40歳以上64歳未満の特定疾病にあたる人は介護保険を申請し、調査を受けることができます。

さてここでもしかしたら「ご自分で役所に申請に行ってください」といわれるかもしれません。病院では、申請代行はできないのです。
65歳になると家に届く介護保険証を握りしめて、役所で現状を訴えるのも手ではありますが、申請し結果が出て、何かサービス(ヘルパーやレンタルやいろいろあります)を使うときには、必ずケアマネージャーが必要です。そしてこのケアマネージャーは、介護保険の申請代行もできます。まずはまわりに、ステキなケアマネさんがいないかリサーチしましょう。

実はケアマネがイケてないと、のちのちいろいろ大変なのです。ここは頑張りどころです。
ステキな人が現れたら、申請代行を頼み、今後の不安や悩みをぶちまけましょう。ステキな人ならきちんと聞いてくれます。
残念ながらステキな人が見つからなかった場合は、病院に併設したケアマネがいないか、いたらそちらに相談を。それもなければ、お近くの地域包括支援センターにかけこみましょう。役所に相談しても何の解決にもなりません。

あとは認定調査をし、結果をみて、改めて今後の相談をケアマネないしは包括支援センターにします。介護保険は非常に複雑なので、無理に自分で何とかしようとせず、プロに任せることをおすすめします。

以上、看護師をしている知人(看護師 求人 豊中)から聞いた、突然介護が必要になった場合の対処法でした。

押し入れからびっくり!

サプライズパーティ
結婚して数年がたった夫婦です。二人の暮らしもだいぶ慣れてきて共働きで一生懸命お互い働き日々を過ごしております。

夜勤のある仕事をしている嫁さんと営業で付き合いのある私。もともと人づきあいが好きで付き合いという言い方をしているものの、どこかで楽しみながら人との出会いを楽しんでおりました。おおらかな嫁さんは生活に支障がない限りは文句も言わずにいてくれました。女の子と二人で飲みに行くこともありましたし、合コンに行くこともあります。それでも最後に帰るのは家だということを嫁さんも理解をしてくれ、私とは性格が逆で多少内向的な性格だからか飲み会に行った時のエピソードを楽しそうに聞いてくれるのがうれしかったです。

そんな私にも年に一度の誕生日が近づいていたある日。嫁としては何かしたいと思っていたそうです。そして迎えた当日、平日だったため、仕事へ行く前に「今日は誕生日だから早く帰っておいでよ」と言われたので、「任しとけ」と威勢よく答え、「帰るときには電話してね」と念を押されました。約束通り、帰る前に電話をすると「分かった」とそそくさと電話を切られました。結局プレゼント何か買ったのかな?と少しワクワクしながら家に帰ると食事がたくさん用意されており、二人で食べきれる量とは思えない大皿料理がテーブルいっぱいに並べられていました。すげー、おいしそー!!!とうれしさのあまり抱き着きイチャイチャしようかと思い近づきますが、いつもと違いよそよそしく私のハグを交わす嫁。なんだよと思いました。

で、ビールでもどうぞと言われビールを出され開けると押し入れから違和感が。。。いつ行く?わかんない。。あんたが行ってよ。くさいし。。。えっ。。。と思い固まる私。えっ。といった私に動揺する嫁。次の瞬間お誕生日おめでとう!!!というおとなしい嫁とは思えない大きな声。その声に呼応して開く押し入れ。。。わらわらと現れる靴を持った人。人。人。総勢8人。どうやって入ったんだよと冷静に突っ込みを入れてしまった。なんと私が一番喜ぶものを探したときに人をたくさん呼べば喜ぶのではと思った嫁は、私の携帯から何人かの仲の良い友人をピックアップし、思い切って電話をし、サプライズをお願いしたらしい。

私が帰ってきてからずっと押し入れからみんな覗いていたらしい。そりゃハグも拒否するわな。。。その後は、みんな朝方までへべれけになるまでお酒を楽しみました。いつも通り楽しんでいたように見えたかもしれないけど、人生で一番素敵な誕生日でした!ありがとう嫁ーーー